飲食店を開業するために保健所へ

af9920055089o

飲食店を開業するためには必要な資格を取得すること、保健所に営業許可をとること、資金を調達することなどのやることがたくさんあります。
ですが、やることはたくさんあっても難しいことは何一つありませんよ。

・保健所に行く前に食品衛生責任者の資格を取得する
保健所に行くのにはタイミングがあるのですが、ある資格をもっていないと営業許可をとることは絶対にできません。
その資格とは「食品衛生責任者」で、食品衛生責任者資格証明書を保健所にもっていくことではじめて営業許可の申請ができます。

食品衛生責任者は保健所に営業許可をとるために必要となる唯一の資格となりますので、飲食店を開業したいと考えているのなら早めに取得しておいてください。
食品衛生責任者1日程度の簡単な講習を受けるだけで取得できるものです。
食品衛生責任者の資格がなくても、調理師学校を卒業した人は調理師免許により食品衛生責任者の資格が免除されますので、その場合は資格を取得する必要がなくなります。

・営業許可の申請をする
食品衛生責任者(または調理師免許)を取得したら、営業許可の申請をします。
ですが、この時点ではまだ店舗の内装工事はしていないことになります。
保健所には様々な基準があり、その基準に適していない設備であると営業許可をとれないのです。

保健所の担当者が店舗の内装やキッチンなどを検査します。
その他にもトイレや更衣室など店舗の様々な設備を確認しますので、間違っても先に工事をしないでください。
もしも保健所からの許可が下りず、やり直しになってしまった場合は1箇所でもかなりの資金が必要となります。
予め保健所に店舗の図面を持っていき、「このような店舗でどうでしょうか」と確認してから工事を始めるのが一般的です。
飲食店を開業するために保健所でやることは以上になります。
決して難しいことではありませんので、保健所への申請のルールを守り、飲食店を開業するための準備をしておきましょう。

「飲食店を開業するために保健所へ」は、いかがでしたか?

飲食店の開業・経営にはインバウンド対策が必要な時代に!対策を始めるなら、開業時がベストタイミングです。

タベルコトの開業応援パックなら、簡単にお得に、飲食店のインバウンド対策が始められます。

みんな始めてます!考えてます!  

飲食店の開業・経営には
インバウンド対策が必要な時代に!