飲食店開業前に接客について理解しておく

adobestock_75752168

飲食店を開業するのにあたり、接客の技術や大切なことを学んでおくことは大切です。
美味しい料理があるから「また来たい」と思うのが一般的なのですが、接客が上手いから「また来たい」と思わせることも充分に可能です。

・基本的な接客
接客はお客さんがお店へ入った時から始まりますが、その時の「いらっしゃいませ」から飲食店の印象は決まってしまいます。
これは基本的なことなのですが、「いらっしゃいませ」「ご来店ありがとうございました」では常に笑顔で、そしてしっかりと言い終わってから一礼します。

一礼する飲食店としない飲食店がありますが、接客としては断然した方がいいです。
上体は15度ほどで良いので、頭は下げすぎず歩きながらではなく、しっかりと止まってから挨拶はしましょう。
飲食店の開業準備の段階で接客マニュアルを作成すると思いますが、基本的なことでもできていない人が多いので、当たり前のことをしっかりとできるようにさせましょう。

どんなに料理が美味しくても、店員の印象が悪いと「また来たい」とは思ってもらえませんよね。
接客で心掛けておくことは「お客さんにまた来たいと思わせる」、これだけからまずは始めることで基本的な接客は身に付くでしょう。

・接客を学ぶ
接客で大切なことをいくら理解してもいざとなると実行できないことがあります。
飲食店を開業する前に、店舗の雰囲気などを決めるために様々な飲食店へ行くと思いますが、そこでの店員の接客をみてみましょう。
実際に接客をしている人を自分の目で見ることにより、様々な知識が身に付きます。

そして、あなたが店長ならば「常連客」を増やすための努力をしてください。
自分から積極的に話しかけたり、定期的にお店へ来てくれるお客さんに「これ、サービスです」といって何かをサービスするだけで距離は一気に縮まります。
接客というものは簡単に見えて、自分でやってみると意外と難しいのです。
飲食店を開業した後でも、常に自分の接客は正しいのかを考えながら、マニュアルにとらわれない自分の接客を身に付けていきましょう。

「飲食店開業前に接客について理解しておく」は、いかがでしたか?

飲食店の開業・経営にはインバウンド対策が必要な時代に!対策を始めるなら、開業時がベストタイミングです。

タベルコトの開業応援パックなら、簡単にお得に、飲食店のインバウンド対策が始められます。

みんな始めてます!考えてます!  

飲食店の開業・経営には
インバウンド対策が必要な時代に!