従業員は飲食店開業の際にどれほど雇うべきか

adobestock_78643299

飲食店を開業するためには、早い内に従業員を雇用する必要があります。
従業員は何人雇っても良いのですが、できれば少ない方が良いですよね。
従業員の人数によっては保険に加入する必要があるので早めに人数を決めておきましょう。

・何人ほど雇えば良いのか
日本には様々な飲食店がありますが、従業員をどれくらい雇っているのかはそれぞれの飲食店で大きく異なり、これが正解というものははっきりといってありません。
従業員を雇用すると、事業主が源泉徴収義務者となります。
これにより、最終的には従業員の給与の1部を税務署に納税しなければならなくなります。

ある程度、必要な手続きについて理解した後は、何人ほど従業員を雇うのかを検討します。
この時に大切なことは、あなたと開業する予定の飲食店がどれくらいの大きさなのか、メニュー数はどれくらいあるのかにより、必要な人数を検討していくことです。
必要な人数よりも多いと、労働時間であってもやることがない人が必ず出てしまいます。

開業してから最初の2か月程度でどれくらいお店が混むのかが判断できるので、それに対応して雇用する人数を決めれば良いです。
シフト制で雇うのが基本ですので、従業員で「今のシフトでは忙しい」という意見が出た場合にはアルバイト・パートの募集を行ってください。

・少ない場合は3人で充分
平日は3人で、土日は平日に比べて混むので4人でまわすというお店も少なくありません。
仕事のスピードには個人差があり、遅い従業員ばかりでは忙しくなった時に対応が間に合わなくなってしまうため、少人数での対応には従業員への教育も重要なポイントとなります。
小さなお店でメニューも限られているのであれば、さらに少ない人数で営業することも可能ですが、忙しくなった時にしっかりと対応できる人数を確保することが大切です。
従業員を何人ほど雇うのかを決めるのはやはり難しいです。
お店ではメニューを決めてから届くまでの早さを売りにしたいと望むのであれば、人数は多い方が良いので、あなたの目標に適した人数を検討しましょう。

「従業員は飲食店開業の際にどれほど雇うべきか」は、いかがでしたか?

飲食店の開業・経営にはインバウンド対策が必要な時代に!対策を始めるなら、開業時がベストタイミングです。

タベルコトの開業応援パックなら、簡単にお得に、飲食店のインバウンド対策が始められます。

みんな始めてます!考えてます!  

飲食店の開業・経営には
インバウンド対策が必要な時代に!