飲食店開業前にインバウンド対策を

nyul120800329

飲食店で儲けたいなら、日本人だけでなく外国人にも目を向ける必要があります。
最近はインバウンドへの対応が増えてきており、外国人を上手く飲食店に呼び込むことができれば飲食店開業は成功に近づきます。
日本の食文化を上手に伝えるインバウンド対応ができれば、来店してくれた外国人も安心して食事を行うことができますし、満足して帰っていただくことができるでしょう。

・インバウンドを飲食店で
日本は海外から見ても素晴らしいお店が多く食事を楽しみにこられています。訪日観光客が日本で
したい事の、95パーセントを「食事」が締めている程、食事を目的に日本に来ていると言えます。
「外国人観光客」来店してもらうことで外国人にも人気のお店として口コミが広がり、外国人観光客に人気のある飲食店にすることができるのです。
外国人の中には来日するたびに同じお店に来店するという方も少なくありません。
そのため、外国人向けに対応を図ることはとても重要なのです。
日本語がわからないけど、日本の食文化に興味があるという外国人は増えてきていますので、インバウンド対応を行うことは経営面を考える上でも必要なこととなっています。

・飲食店でインバウンドのためにやること
あなたがこれから飲食店を開業するのであれば、インバウンド対策としてやるべきことがいくつかあります。
逆の立場になってみるとわかるのですが、外国の飲食店へ行った時にメニューをみて、外国語だけのメニュー表であった時に不安になることはありませんか。

不安にならないために、やるべきことがあります。
「英語のメニューをおく」、「メニューに写真を貼る」、「多言語で見れるWebサイトをつくる」「フレンドリーな気持ちで迎え入れる」、飲食店を開業する前にやっておく必要があります。
食事を楽しみに来られている外国人のお客様に、安心して食べてもらえるように英語のメニューの設置は必要です。英語のメニューがある事でより楽しく食事ができ、外国人観光客に対応している飲食店として、口コミで広がります。

また、単純にメニューを訳すだけでなく、食べ方や人気のメニューの表示、さらにアレルギー表なども組み込む。
そして来店していただいた御礼の文章などが掲載されていると、より良い評価を受けられるでしょう。
インバウンドの対応をしている飲食店の方が、対応していないお店と比較して成功する確率は大幅に高いと言えます。
2020年の東京オリンピックも決まり今後さらに日本を訪れる外国人観光客が増え、外国人をお店のお客様にする事は必要になってきます。
開業をすると忙しくなるので外国人開業前に是非とも外国人にも対応した飲食店を作ることを忘れないでください。

「飲食店開業前にインバウンド対策を」は、いかがでしたか?

飲食店の開業・経営にはインバウンド対策が必要な時代に!対策を始めるなら、開業時がベストタイミングです。

タベルコトの開業応援パックなら、簡単にお得に、飲食店のインバウンド対策が始められます。

みんな始めてます!考えてます!  

飲食店の開業・経営には
インバウンド対策が必要な時代に!