飲食店を海外で開業する

Joyful woman having a cup of tea in a cafe

飲食店を開業することは日本に限ったことではありません。
日本で開業することは決して難しいことではなく、最近では増えてきているのですが、ごく少数では海外で飲食店を開業したいと望んでいる方もいるようです。

・経営管理ビザというものを取得する
日本で飲食店を開業したいのであれば、調理の技術や飲食店を開業する覚悟があれば、長期間経営を継続できるかは別として飲食店をもつことはできるでしょう。
ですがそれが海外となると、誰でも飲食店で働けるわけではなくなるのです。
海外で働くには日本とは違って「経営管理ビザ」というものが必要になってきます。

経営管理ビザは簡単に取得できるものではなく、日本では最低2年以上の経験は必要になります。
逆に外国人の方が日本で飲食店を開業したいのであれば、それも同じでやはり経営管理ビザが必要になります。
ですが、日本人の配偶者や定住者などの場合に限って経営管理ビザを取得しなくても飲食店を開業し、経営することができます。

・海外と日本の言語の壁もある
海外で飲食店を開業するために経営管理ビザを取得しても、飲食店の経営を持続するためには、外国語を覚えなくてはいけません。
言語は大きな壁になり、「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」「メニューはこちらになります」、この程度では飲食店なんてやっていくことはできないと覚悟しましょう。

一般的に飲食店を海外で開業したいと考えている人は日本で長期間飲食店を経営し続けている人達であり、その人達が英語をマスターするのには最低でも2年間はかかります。
飲食店は開店前にその日の準備をし、開店後も仕込みをしなくてはいけません。
仕事がある日に英語を勉強するのは忙しくて厳しいので、休日を上手く活用しても外国人の言語を完璧に聞き取れるまでに苦労します。
海外での飲食店の開業は難しいことなのですが、外国人は日本食を好む傾向があるので、海外にある日本の飲食店は成功率が高いです。
時間はかかりますが、是非海外で飲食店を開業することを夢にしましょう。

「飲食店を海外で開業する」は、いかがでしたか?

飲食店の開業・経営にはインバウンド対策が必要な時代に!対策を始めるなら、開業時がベストタイミングです。

タベルコトの開業応援パックなら、簡単にお得に、飲食店のインバウンド対策が始められます。

みんな始めてます!考えてます!  

飲食店の開業・経営には
インバウンド対策が必要な時代に!